トイプードル

トイプードル選び方

トイプードルを寒い季節にお迎えする場合

トイプードルの購入時期は様々だと思います。時期を選んで購入しようと思ってもいい子に出会えなかった場合は、時期もずれて来ます。
寒い冬の季節にトイプードルをお迎えする場合、どのようにしたらいいのかお話したいと思います。
(これはトイプードルに限らず、子犬を迎えるときに役に立つので覚えておいて欲しいと思います)

冬の期間温度の差が激しくなりますね。夜でもでも昼と同じになるように、ペットヒーターを用意しましょう。
子犬を保温してあげるようにしてください。(やけどをしないように注意してくださいね)

暖房による乾燥を防ぐことも大切です。加湿器があるといいでしょう。
温度の目安は25度前後で、湿度は40〜60%程度になるように設定してください。

トイプードルのサークルのスペースですが、冬は窓際が冷える避けたほうがいいでしょう。
窓際しかスペースがない場合は、夕方移動してあげてください。
サークルは冬場直接床に置かず、ダンボールや発砲スチロールなどがあるといいですね。
その上にサークルを設置するだけでも保温になります。

ペット用ホットカーペットの敷き方ですが、全面に敷くのではなく、退避スペースを作ってあげます。
暑いときの逃げ場がないと逆に元気がなくなることがあります。サークルの1/4くらいのサイズを目安にしてください。

購入の時期をあまり考えていなかった方も多いと思いますが、子犬の時は十分に環境を整えてあげることも大切ですね。
元気な子に成長させて欲しいと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。