トイプードル

トイプードルその他

トイプードルブリーダーの生命保証

ブリーダーからトイプードルを購入しようとお考えの方へ。
全国にはたくさんのブリーダーがいます。
通信販売でトイプードルを購入する場合でも、きちんとした保証、電話での対応、衛生面や子犬の管理がしっかりした所を選んで欲しいと思います。

きちんとしているブリーダーは生命保証制度があります。
一例をお話するので、トイプードル購入をお考えの方は参考にしてください。

子犬が自宅に到着後亡くなってしまった。このようなケースがたくさんあることをみなさんご存知ですか?
このようなことがないように、万一の保証制度を導入しているブリーダーは安心できるのです

■生命保証

生命保証とは、譲渡日より30日以内の死亡や、病気の内容を問わず保証してくれるものです。

治療明細書、ワンちゃんが亡くなってしまったら獣医発行の死亡診断書を保管し、ブリーダーに届けるようにします。
保証内容は10日以内であれば、返金や同等の子犬を無償提供してくれます。30日以内であれば、同等の子犬を無償で提供します。
治療費の場合は5万円を上限に保証してくれます。 これが生命保証になるわけです。

■疾患、治療費保証
この保証は、譲渡日より30日以内に生命に関わる生涯治療が判明した場合に保証されます。
この場合も、獣医発行の診断書と治療明細書が必要になりますが、きちんとした保証をしてくれます。

飼い主がワクチン接種を行なわずに死亡した場合や、事故、逃亡、獣医師の診察を受けなかった場合は保証されません。

ブリーダーごとに保証も違いますが、きちんとした対応で接してくれる所から、子犬の購入をするようにして欲しいと思います。
命のあるものを、儲けだけで販売している悪徳業者もたくさんあるので、注意して頂きたいと思います。



トイプードルその他

トイプードルの血統書とは

トイプードルの血統書とは?
血統書と言う言葉はよく耳にしますが、血統書の中身はどのようなものなのでしょうか。

世界的に、犬を管理する団体、FCI(国際畜犬連盟)この団体はドッグショーでの犬種グループの分類や、世界各国の様々な団体を管理しています。

イギリスはKC、オーストラリアはANKC、アメリカはAKC、日本ではJKC(ジャパンケンネルクラブ)になるわけです。
ジャパンケンネルクラブはペットを飼っている人なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

日本では、ジャパンケンネルクラブの他に、PD(日本警察犬協会)やJCC(日本コリークラブ)などの独自団体があります。
血統書とは、ジャパンケンネルクラブを含めた団体が発行するものです。(血統を管理し、特定の犬種を保存するために発行されている)

血統書の中身は、犬種や登録番号、生年月日が記載されています。
さらに、トイプードルならトイプードルの母犬と父犬、さらに両祖父母犬と、曽祖父犬、被毛のカラー、血統、種類など、3世代までの過程が記載されています。

これにより、血統書を見ただけで、犬の系統と繁殖方法がわかり、ワンちゃんがきちんと保証されているのです。

血統書は、ブリーダーの申請で発行され、JKCからブリーダー、そして飼い主に送られます。
血統書は子犬の引渡しから数ヶ月かかる事もあります。

人間でいうと家系図です。

ドックショーに関わるトイプードルであれば血統書は大切ですが、家でほのぼのと暮らすのであれば、そこまで神経質にならなくても良いものです。

私も血統書は持っていますが、トイプードルを購入してから、1度も役に立っていませんよ。

トイプードルその他

トイプードルの通信販売

トイプードルの通信販売の流れは、どのように進められるのでしょうか。

ネットから申し込みをする場合は、まずトイプードルの子犬を決定します。

トイプードルの子犬の画像を見て、予約の問い合わせをし、希望の子犬と自分の名前、住所、連絡先、メールアドレスなどを記入してメールをします。
希望の仔犬を検索しても仔犬がいない場合は、子犬の検索を依頼します。この時、予算やカラー、犬種など、探している仔犬の情報を詳しく伝えましょう。

希望の仔犬の購入が決定したら、購入代金と送料を指定の口座に振込みます。
(送料は取りにいける方であれば直接の受け渡しになるので、必要ないでしょう)

代金の振込後に予約が完了するのが一般の通信販売の流れになります。
1度お金を振り込むとキャンセルはできないので、慎重に仔犬を選ぶことをお勧めします。

引き渡しは様々ですが、空港ターミナルなどで引き渡しになることもあります。
購入先からよく話を聞いて、すぐにトイプードルをお迎えにいける日を設定してください。

飼育説明書や生命保証書などは、代金の振込み確認後に送られてくると思います。
血統書は、申請等に時間がかかるので、遅れることがあります。3ヶ月〜4ヶ月後と考えておいてください。

トイプードルの通信販売は、直接話すわけではないので、慎重に行って欲しいと思います。
ムービーの画像や、今の状況など、購入予定の子に関することはなんでも聞き、質問してください。

お金を振り込んでから、欠点が見つかっても、お金をかえしてくれない業者も多く居ます。

トイプードルその他

ひどく吠えるトイプードル

ひどく吠えるトイプードルはどのようにしたらいいのでしょうか。
トイプードルが吠えて困っている飼い主もたくさんいると思います。
吠えると言うことは、何か原因があるはずです。その原因を探して、対応しなければなりません。

追い払うなどの警戒の意味で吠えているのか、 かまってほしいのか、遊んでほしいのか、何かに怯えて怖いのか、様々な理由が考えられると思います。

やめさせる方法としては、「吠えた時におやつを与えるといいでしょう。
吠える事と食べる事を一緒にすることが出来ないので、当然吠えるのをやめます。
心理的にも意識がフードに集中していると、警戒がそれほど気にならなくなると言われています。
吠える動機が、テリトリーを守ることであれば、意識をフードにそらせればいいのです。

オモチャや犬用ガムなどもいいですね。長い時間夢中になれるものがいいでしょう。

ただし、吠えてからおやつなどを与えると、吠えることがご褒美に繋がるので、間違えないようにしてください。

トイプードルのサークルに布などをかぶせるのもいいでしょう。
犬が吠える理由としては、自分のテリトリーに入ってくるから吠えていることが考えられます。
見えないようにして、何回か繰り返すことで、吠えなくなることもあります。
吠えるのが直ったら、布を外してください。

来客がいる状況に徐々に慣らすのも、一つの手段です。大勢の来客を呼んで、楽しい雰囲気に慣らしてください。


怖がっている場合は、後ろへ下がったり、尻尾を巻いたりします。
そんな時におやつを与える方法は逆効果なので、犬のほうから自然に近づくように仕向けるのが1番です。

怖いと思っている人の周りにフードを置き、犬が近づくのを待ってみてください。

トイプードルの吠える癖は、飼い主さんのしつけ次第で、よくなりますどんな犬でも同じことです。無駄吠えは近所迷惑にもなるので、やめさせた方がいいですね。

トイプードルその他

トイプードルの年齢

トイプードルを飼う前に、犬についていろいろな事を知っていた方が、飼う時の不安も少なくなると思います。
トイプードルの小さい時の姿は、目がくりくりしていてぬいぐるみのように可愛らしい顔をしています。

しかし、どんなに小さな小型犬でも、年をとります。人間と同じように老後の世界があります。
ワンちゃんの年齢について知っておけば、トイプ−ドルを購入してから、家族としてどれくらいの期間一緒に遊んで、一緒に暮らせるのかがわかりますね。

犬は人間よりもとても早いスピードで年を取ります。あくまでも目安ですが、これからワンちゃんを飼う方に参考にして頂ければと思います。犬が1ヶ月の時、人間の年齢で現すと1歳 になります。犬が3ヶ月であれば5歳です。6ヶ月を迎えると9歳、1年で16歳になります。2年目になると人間で言う20歳、成人式ですね。4年で30歳、6年で40歳、8年で48歳になります。
どんなに元気でも、体が小さくても、年を取っているのがわかりますね。
10年で55歳、13年で68歳、16年で80歳になります。16年ぐらいでワンちゃんは死んでしまうことが多いようです。
20年で96歳、21年で100歳になるわけです。21年の間一緒に過ごせるとは限りませんし、病気になったりすれば、寿命も短くなります。成長や老化の速さは、犬種によっても違い、育てられている環境でも大きく変化します。

大型犬は、8〜9歳になると老化の兆候が見られるでしょう。小型犬は大型犬よりも長生きと言われていますが、生き物である限り、年はとるのです。

年齢のことをハークし、老後のことも頭に入れて、トイプードルを飼って欲しいとおもいます。
最後まで責任がとれると言う人でなければペットを飼う資格がないと、私は思います。

トイプードルその他

トイプードルの視覚や嗅覚

トイプードルの五感についてお話したいと思います。

トイプードルを含め犬には人間と同じように、五感があります。
視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚です。

人間の場合は、見る事で多くの情報をあつめています視覚の役割が80%以上です。

これに対し犬は、かぐことや聴くことでより多くの情報を集めています。
(嗅覚40%、聴覚30%、視覚20%、その他10%)

■犬の視覚

犬は、近眼で物を見分ける能力は低いのですが、その分動くものを捉える動体視力が優れています。
動くものであれば、人間はわからなくても、はるか遠くから察知することができます。

そして、犬は明るいところで物を見るのが苦手です。赤い色も見にくいと言われています。
しかし暗い場所では、わずかな光で何かを感じ取ることができます。

■犬の嗅覚

犬にとって、最も重要な情報源はにおいです。その能力は人間のおよそ100万倍とも言われています。
においを伝達する嗅細胞の数は人間が約500万個と言われ、犬は2億2,000万個。大きな違いがわかりますね。

■犬の聴覚

犬の耳は、人間には聞こえない周波数の音でも、犬は遠いところで聞くことができると言われています。
人間の周波数(16〜2万ヘルツ)
犬の周波数(80〜4万ヘルツ)

人間よりもはるかに優れていることがわかりますね。
高い音や小さな音を聞き分け、人間の約2倍、高い音を聞き分けると言われています。

■犬の味覚

犬の味覚は聴覚や嗅覚とは反対に、あまり発達していません。
甘みは敏感に感じとることができますが、食べ物のおいしさはにおいで判断しています。
味を見分ける細胞の数が人間の6分の1程度のようです。

■犬の触覚

犬にも全身に触覚があり、鼻先や口周辺、しっぽや下腹部が敏感です。

■帰巣本能

この不思議な能力の解明は難しいと言われていますが、遠く離れた場所からでも、家まで帰って来ることがあります

ワンちゃんは不思議な能力をたくさん持っていることがわかっていただけたかと思います。
犬の気持ちを理解し、トイプードルを飼うと、より犬の気持ちになれると思いますよ。ペットとのコミュニケーションをたくさん楽しんで欲しいと思います。

トイプードルその他

トイプードルグッズ

今愛犬のグッツには様々なものがありますね。
トイプードルの愛犬グッツはどのようなものがあるのでしょうか。

トイプードルがモデルになっているわんちゃんのグッツがたくさんあるので、ご紹介したいと思います。
トイプードルのサイズを把握して洋服などを選ぶようにしてくださいね。

洋服には、ハイネックセーター、ポロシャツ、スカート、ワンピース、ジャケットなど人間と同じように様々な洋服を選び、愛犬に着せてあげることが出来ます。ジャケットなどにはファー付きの物などもあり、飼い主さんはその可愛さにメロメロです。

トイプードルに限らず、愛犬のおやつやサプリメント、ふりかけ、そしてケーキなども販売されています。
飼い主がワンちゃんをバックに入れて歩けるように、サイズの揃ったお出かけようバックなどもあります。リードだけでなく、バックに入れて外を歩ける楽しさも実感できますね。

他にはワンちゃんが食べられる草の栽培セットや、首輪がピカピカ光る物もあります黒いトイプードルのお散歩にいいかもしれませんね。どこに居るのかがすぐにわかりますよ。
トイレトレーニングのボックスは、子犬の時にしつけやすいグッツです。

専用歯磨きや、飼い主と噛んであそべる手袋などもたくさんあるので、自分の愛犬にあったグッツを探してみてくださいね。
トイプードルは特に人気の犬種なので、ネットなどでグッツを検索すると様々なものが探せると思います。
通信販売などを利用してもいいですね。

トイプードルその他

テーカップトイプードルの現状

今とても人気のある小さなテーカップサイズのプードル。
そのテーカップトイプードルの現状についてお話したいと思います。

テーカップトイプードルのテーカップとはアメリカで生まれました。
文字の通り、テーカップに入るサイズの小さな犬とのことを示します。
しかしJKC、AKCは規格として認めていません。

テーカップトイプードルが、アメリカで言われていることは、1年が経過して体高が9インチ、重さは4ポンド、これは日本で23cmと1.8kgの事を言います。日本では成長した大きさが25cmと2kg以下と言われています。

この小さなサイズをテーカップサイズと読んでいます。
CMなどでもこの言葉が使われ、グッツなどもあるように、言葉は確実に認知されています。
小さくてとにかくかわいい、そして人気のあるトイプードルです。

しかしかわいいだけではありません。問題点もあります。

■購入した時の子犬の時に小さくても、成長したらテーカップのサイズに収まるのか。

■未熟児だけではないか。

■体が弱く、体調はいいのか。

■小柄メスの母親が、無理やり産んだ子犬ではないか。
実際に2k未満のお母さんは難産になりやすく、子犬への危険も高いと言われています。

■子犬に授乳制限をしている

■妊娠中のお母さんにサプリメントを飲ませ、赤ちゃんが大きくならないようにしている。

など解らない部分でたくさんの問題や、可愛そうな事実が起こっています。


実際に、毎日の食事の管理は大変です。抵抗力が弱く病気がちになる子もいます。
病気の治りが遅く、かみ合わせの悪い子も多くいます。便からサナダムシが出て、普通サイズに戻るなど、悪徳のペット業者も多く居ます。体の弱い子は骨折やパテラの危険性も高くなります。

小さくてとてもかわいいテーカッププードルですが、メリットとデメリットを掌握してからの購入をお勧めします。
大きさも2ヶ月前後の段階では成長の予測が出来ないので、両親や血統上の情報などしっかりとした説明を聞いからペットとして迎えるか決めてください。ご飯の与え方で成長も変わりますが、ちゃんとした生き物であることを忘れないでください。
量を与えずに体重を増やさない行為は絶対にしないでください。

トイプードルその他

トイプードルの毛色

トイプードルの毛色についてお話したいと思います。

トイプードルの毛色は、どの色も必ず退色します。
最初に飼った時の子供の頃の色が一生続くと思いますが、2〜3年後は必ず色が変化します。
早い子は3ヶ月ぐらいで毛色が薄くなります。

退色のスピードには、両親の毛色や、歴代の掛け合わせなどが大きく影響し、何年後に退色するといったはっきりしたことは、断言できません。
しかし、歴代レッドの血筋のトイプードルは、生後半年で更に色が濃くなります。2年経っても退色がないと言われ、7歳になったトイプードルが綺麗なままのレッドの子もいます。

最近は毛色がレッドのトイプードルの人気が高く、値段もカラーによって違います。
毛色をメインで購入したいと考えている人は、3代の掛け合わせを確認しショップの人や、ブリーダーの人に疑問に思うことは聞くようにしてください。
同じレッドでも千差万別で、ブリーダーでも知識がなかったり、通販でペットを購入いたりすると、トラブルの原因になります。

毛質は定義上、カーリーの子(巻き毛)とコーテッドの子(縄上)に分かれます。
現在ではカーリーのプードルがほとんどですが、アメリカでは、コーテッドも復活に向け、生み出す努力が続けられています。

毛色、毛質を決めワンちゃんを購入したら、自宅でのケアをしっかりと行ってくださいね。

プードルは、いろいろなカットが楽しめるので、トリマーさんにトイプードルのカット切り抜きなどを持参して、同じように仕上げてもらうのもいいでしょう。毛量や巻きの弱い子もいるので、その子にあったカットをしてあげてくださいね。

トイプードルの毛色は、いろいろなことを調べてから購入したほうがいいと言うことが解っていただけたかと思います。
実際に子犬を目で見てできれば母親も見せてもらい、購入することをお勧めします。

トイプードルその他

トイプードルの性格

トイプードルの性格は、とてもフレンドリーで人間が大好きな甘えん坊さんです。愛嬌があり、うれしい時の表現力は大人になってもかわりません。
子供とも相性がいい子が多いので自宅にお子さんがいても仲良く遊びます。
トイプードルは比較的、他の犬とも仲良くなるので、散歩をしていても自分から吠えることはあまりありません。
学習能力も高く、頭がいいのでサーカスなどでも活躍しています。知能指数はボーダーコリーの次と言われているほどです。
頭が良いので、飼い主が逆に利用されないようにしつけはしっかり行いましょう。

トイプードルが、サークルに入っていたりすると、頭がいいトイは、自分でロックを手で押し上げサークルから出たりします。
お菓子を取るために、いろいろな手段を考えたりできる、本当に頭のいいワンちゃんです。

トイプードルの性格は、習性などは同じですが、人間と同じくそれぞれに性格があります。
甘え方もそれぞれ違いますし、個性も違います。子供と遊ぶのが好きな子もいれば、一人遊びが上手な子もいます。
比較的に飼いやすいので、2頭3頭飼っている方も多く居ます。

人間に対して友好的な性格のトイプードルは、飼い主への愛情も深いので、信頼関係もばっちり。
うれしい時の尻尾の振り方や、食事の仕草、膝の上で安心して寝てしまう子など、プードルは表現力にあふれているワンちゃんです。

また毛も抜けにくく、匂いもあまり気にならないので、日本の住宅事情によく合った犬種です。

トイプードルも人間と同じで、性格や個性は幼い頃、育ったブリーダーの環境が影響してきます。
その環境でいかに愛情を掛けられ大事に育てられたかで、人間への接し方が違ってくるのです。手を掛けられてないトイプードルは、びくびくしたり、うなったり甘えるのもへたなので、すぐわかります。

毛色によって性格の違いを分けることもできます。人間で言うと血液占い程度と思って下さいね。
レッドの毛色は明るくラテン系と言われています。ブラックやホワイトは頭がいいと言われています。

トイプードルをペットに迎えたら、最後まで可愛がって欲しいと思います。

トイプードルその他

トイプードルの歴史

トイプードルの歴史についてお話したいと思います。
プードルは古い時代からの歴史ある犬種と言われています。その起源については不明で、ギリシャ、モロッコ、ロシア、ポルトガルなどに分布していたと言われています。最終的にはドイツからフランスに渡り、フランスで人気を博した事からフランス原産と言われるようになりました。プードルの体の大きさで、スタンダード、ミニチュア、トイプードルの3種類に分類されています。

スタンダードプードルは、もともと鳥猟犬として飼育されていました。泳ぎが得意で水鳥猟における回収犬としてプードルは活躍していました。
ミニチュアやトイプードルのサイズは、フランスやイギリスで、サイズダウンする事に熱心なブリーダーが、スタンダードプードルを小型化したものになります。プードルほど、それぞれのサイズが小型化され優秀な能力を発揮する犬種はまれにいません。

ミニチュアプードルは優れた嗅覚で、フランスではトリュフ狩りの名手とも言われています。
トイプードルは、多芸、多才なところが魅力的です。理解力に優れたトイプードルは、トレーニング性能が高く、サーカス団の主要なメンバーとなっているほど。私たちを楽しませ驚かせてくれる知的な犬の芸は、プードルによってもたらされて来たと言われるほどです。

サイズダウンによりプードルの歴史は、使役犬から愛玩犬へと変化し現在に至るのです。

今ペットショップなどで、とても人気のあるプードル。
価格はペットショップやブリーダー、地域によって違ってきますが、20万前後と思われます。

プードルの歴史を知ることで、これからプードルをペットにしようか考えていた方も、現在飼われている方もますます、愛着心が湧くと思います。時代に歴史があるように動物にも古くからの由来や歴史があるんですね。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。