トイプードル

トイプードル選び方

トイプードルを暑い季節にお迎えする場合

トイプードルを暑い季節にお迎えする場合、注意しなければならないことがあります。
温度の管理は子犬にとって大切なことなので、しっかりと環境を整えてあげましょう。

ペット用クーラーシーツなどがあると便利です。
冷却シートは暑さ対策になります。 クーラーはトイプードルだけでなく、すべての子犬にはあまりよくないものです。
自然に熱を逃がせる物を用意してあげてください。

クーラーの温度が、私たちにとって丁度良い温度でもワンちゃんにとっては寒いのです。
このクーラーの温度で体調を崩してしまうこともあるので注意してください。

しかし夏の暑い季節はクーラーがなくては飼い主も辛いですね。
クーラーの温度は、高めに設定し、ワンちゃんの気持ちになって低い位置で温度を確認してあげて下さい。
除湿にしてあげるのがいいと思います。風は直接当たらないようにしてあげることも重要です。

夏、留守にする場合、窓を閉めきることは絶対にやめてください。外出時はクーラーの温度を高めに設定するか、窓を開けましょう。
換気は大切なことです。

トイプードルのご飯ですが、ドッグフードやお水は新鮮な物をあげてください。特に夏場はすぐに悪くなりますからね。
食べ残したものは片付け、食器などはきれいに洗ってください。夏の暑い時期は常に清潔であることも大切です。


脱水症状にならないように水はこまめにあげましょう。

初めは戸惑うことも多いと思いますが、暑い時期の過ごし方も、年々慣れてくると思います。
ちょっと不安な方は、夏の時期のお迎えは避けたほうがいいかもしれませんね。


トイプードル選び方

トイプードルを寒い季節にお迎えする場合

トイプードルの購入時期は様々だと思います。時期を選んで購入しようと思ってもいい子に出会えなかった場合は、時期もずれて来ます。
寒い冬の季節にトイプードルをお迎えする場合、どのようにしたらいいのかお話したいと思います。
(これはトイプードルに限らず、子犬を迎えるときに役に立つので覚えておいて欲しいと思います)

冬の期間温度の差が激しくなりますね。夜でもでも昼と同じになるように、ペットヒーターを用意しましょう。
子犬を保温してあげるようにしてください。(やけどをしないように注意してくださいね)

暖房による乾燥を防ぐことも大切です。加湿器があるといいでしょう。
温度の目安は25度前後で、湿度は40〜60%程度になるように設定してください。

トイプードルのサークルのスペースですが、冬は窓際が冷える避けたほうがいいでしょう。
窓際しかスペースがない場合は、夕方移動してあげてください。
サークルは冬場直接床に置かず、ダンボールや発砲スチロールなどがあるといいですね。
その上にサークルを設置するだけでも保温になります。

ペット用ホットカーペットの敷き方ですが、全面に敷くのではなく、退避スペースを作ってあげます。
暑いときの逃げ場がないと逆に元気がなくなることがあります。サークルの1/4くらいのサイズを目安にしてください。

購入の時期をあまり考えていなかった方も多いと思いますが、子犬の時は十分に環境を整えてあげることも大切ですね。
元気な子に成長させて欲しいと思います。

トイプードル選び方

トイプードルの購入先

トイプードルを買うとき、どこで買ったらいいのか購入先を迷うと思います。
そんな方たちの為に、少しだけアドバイスをしたいと思います。

トイプードルの購入先はペットショップとブリーダーの二つに分けることが出来ます。

ペットショップは、猫や観賞魚、小動物など様々な動物がいる総合ペットショップと、犬専門のペットショップがあります。
猫専門のショップもありますね。トイプードル専門店のペットショップもありますが、都会に住む人でなければ、近くで探すのは難しいと思われます。
総合ペットショップにも知識のある担当者がいて、スキルがあればきちんと対応でしてくれますが、パートやアルバイトの人がほとんどのショップも多くあります。不安に思う場合はいろいろな質問をしてみてください。きちんと対応してくれない、あやふやなペットショップからは、購入しないようにしましょう。店内が清潔であるかもきちんと見るようにしてくださいね。

ホームセンターなどに併設されるペットショップで、ガラスをたたくような行動が見られた場合は、子犬にストレスが溜まっているかもしれません。本当にいいトイプードルを購入したい場合は、専門店を探した方が1番いいと考えられます。
子犬は人間と同じように、親と引き離されるだけで、とても不安な日々を送ります。その不安が長引いたりして、将来までトラウマとなってしまう子もいるのです。

そう考えると、有能なブリーダーから購入するのが1番ベストではないでしょうか。
ただし、ブリーダーもプロとアマに分かれます。お金儲けや、とにかく売ってしまいたいという思いから、奇形のある子を販売しているブリーダーがいるのも現状です。親がアプリコットなのにレッドだと嘘を言うブリーダーも居るので気をつけて欲しいと思います。

いいショップ、有能なブリーダーを見つける方法は、ドッグカフェに行ってください。
ペットショップの情報やブリーダーのことを知っているカフェの情報は信頼できるでしょう。
ネットワークを持っているお店を見つけ、オーナーから様々な話を聞くことで、きっといい情報をアドバイスしてくれると思います。

いいトイプードルの購入は決して安い買い物ではありません。
慎重にこれからのパートナーを見つけて欲しいと思います。

トイプードル選び方

トイプードルの外見のポイント

トイプードルの外見のポイントについてお話したいと思います。
トイプードルを購入するときは、まず外見を見ますね。その際に重要なポイントがあるので覚えておいてください。

いい子犬の見分け方は、骨格が太くしっかりとしていることです。

トイプードルは水猟犬として活躍していた犬種である為に、足は太く長くそして力強い子がいいとされています。
抱っこした体勢で、犬の足の力が抜けている姿勢もチェックするようにしてください。この時は足がまっすぐに伸びている子がいいとされます。

トイプードルの目の形はアーモンド型が良いとされていますが、ショーなどに出す場合なので、この子がかわいいと思ったらそれで良いでしょう。鼻は黒か褐色でつやつやしていること。健康であれば湿っています。ただし、睡眠中と寝起きは乾いています。

忘れてはいけないのが歯のかみ合わせです。歯茎の色もきれいなピンク色かチェックしてくださいね。

トイプードルの耳の毛は長いので、耳の中もきれいか見てください。
異臭や、音が聞こえているか呼びかけるのもポイントです。肛門は外見であまり見ないところですが、締まり具合もチェックしてくださいね。

外見は一緒に暮らすパートナーを選ぶのですから、ずっと可愛がっていくことが出来る自分の好みの子を選んで欲しいと思います。
トイプードルの性格は外見以上に大切であることも忘れないでくださいね。
明るく人懐っこい子がいいでしょう。
好奇心旺盛な子も元気です。おとなしい子もいますが、人間が好きで、呼びかけると反応し、テなどをなめたりしてくれる子は、育てやすいと言えます。

犬を飼うと言う事は、飽きたから捨てると言うことが出来ないのです。
一つの命を守ることです。旅行に出ることも今までと同じようには行きませんし人間と同じように病気もします。
お金もかかります。

すべてを理解した上で、トイプードルとの新しい生活をスタートさせて欲しいと思います。愛に満ちた素晴らしい時間をもたらしてくれるペットになることは間違いありません。

トイプードル選び方

トイプードルの選び方

良いトイプードルを選べるように、トイプードルの選び方についてお話したいと思います。

1番いい方法は、優秀なブリーダーさんを見つけることです。
そこで生後2〜3カ月のトイプードルを選ぶことが1番いいのではないかと思います。
直接見に行くことが出来て、保証がある所、そしてなんでも親身になって対応してくれるところがいいでしょう。
ただし、ブリーダーからトイプードルを購入する場合は、ペットショップや大型のホームセンターのペット売り場より値段は高いと覚えておいて下さい。
値段は安いほうがいいかもしれませんが、間違ったトイプードルを選ぶと、病気になったり、体が弱い子もいたりします。
10年以上の家族として長いおつきあいをするトイプードルは、値段ではなく、健康で納得できる子犬を選択して欲しいと思います。

ブリーダーさんから直接購入した子犬は、親犬とずっと一緒です。
大事に育てられているので、人もほかの犬も怖がることがないでしょう。
性格もありますが、ほとんどの子犬は元気で健やかに成長しています。

毛色は飼い主が好きな色を選んでください。
体型や目の形などは2カ月ぐらいで分かるようになります。ブリーダーさんであれば母親を見せてくれるので、成犬になった状態をイメージしやすいでしょう。
性別は重要なので、雄と雌の違いについてよく聞いて選ぶようにしてくださいね。

血統書もありますが、ドッグショーや、繁殖させない場合には、血統書はあまり必要ではないでしょう。

自分の納得の出来るトイプードルを選んで、これからの楽しい生活を送って頂きたいと思います。

トイプードル選び方

トイプードルを迎える準備

トイプードルが我が家にやってきた時、トイプードルを迎える準備をしなければなりません。
スムーズにペットが迎えられるように、準備するものはチェックしてみてくださいね。

■まずは名前を決めます

■次に必要なグッズを揃えましょう

ハウス(屋根のついたケージがいいと思います。慣れてきたら家の中で放し飼いでも大丈夫ですが、トイプードルはすごいジャンプ力があるのでゲージは高さのある物を用意しましょう)

トイレトレーやペットシーツ(ケージの中ではトイレをしない子が多くいますが、ゲージの中と外にも準備してあげてください。初めはトイレが出来なくて当たり前なので、根気強くしつけをしてください)

食器や水飲み用のグッツ。(食器は重さのあるステンレス製がいいでしょう。水のみ用のグッツはいろいろなデザインがあるので、子犬にあった物を選んであげてください)

首輪やリード(散歩の準備はしておきましょう。すぐに外に連れ出すことはできませんが、慣れてから外で遊ばせてくださいね。夜や留守の時は、どこにひっかかる恐れがあるので、首輪ははずしてください)

ブラシやコーム、シャンプーなど(巻き毛のトイプードルは毎日のブラッシングが必要です)

おもちゃ(犬用の安全なおもちゃを選んでください)

子犬のためにスペースを作り、部屋を片づけることも大切です。トイプードルは好奇心旺盛なので、コード類や洗剤はきちんと整理してください。近所の動物病院も探しておいたほうがいいですね。

トイプードルを迎える準備は大変かもしれませんが、これから長い間家族として一緒に暮らす仲間です。
十分に可愛がってあげてくださいね。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。