トイプードル

トイプードル出産

トイプードルの避妊と去勢

トイプードルの避妊と去勢についてお話したいと思います。
これから長い期間、一緒に暮らすトイプードルのこの先のことをよく考えて、手術をするか決断して欲しいと思います。

避妊手術や去勢手術については賛成と、反対に大きく分かれます。

賛成者側の意見は、育てることのできない子犬が生まれなくてすむ。(飼うことが出来なければ保健所で殺されてしまいます)
メスの場合は、発情期をなくすことができるので、出血や発情によるストレスから解放されます。子宮蓄膿症やや乳がんなどの病気が予防できます。また手術したことにより長生きする傾向があるとも言われています。

オスの場合は、放浪するくせが収まり、むだ吠えがなくなると言われています。攻撃的行動も減り、行動に落ち着きが出ます。
また前立腺の病気や、肛門周辺の腫瘍などが予防でき、メスと同様に長生きする傾向があると言われています。

反対者側の意見としては、人間と同じほ乳類の動物なのに、人間が強制的に手術を行うのはおかしい。
性ホルモンは、骨など体に様々な影響を及ぼすので手術は避けるべき。生後の早い時期の手術は精神的な影響がでる。
去勢することで、筋肉が落ち、骨も細くなるので、可愛そう。
などの様々な意見があります。

動物らしくある権利もあるように思いますが、本当はどちらが犬にとっていいのでしょうか。
トイプードルをこれから迎えようとしている人は、どの方法が1番いいのか、家族でしっかりと話あって欲しいと思います。

■手術を希望する場合

予約をします。手術の1週間ほど前には、話をしておきましょう。

メス犬であれば、初潮前の生後6〜7ヶ月で手術を行うのが理想とされています。
手術は、一晩の入院が必要です。
オス犬であれば、6〜10ヶ月の間に手術をしましょう。メスとは違い、入院せずにできることも多いようです。


トイプードル出産

トイプードルの赤ちゃんの成長

トイプードルの赤ちゃんの成長についてお話したいと思います。
自宅で出産を迎えた飼い主さんは、覚えておくと子犬のお世話がらくですよ。

■トイプードルの赤ちゃん(1日目〜2週間)

はじめの初乳を子犬が飲んだら一安心ですね。
ママになったトイプードルは緊張がとけて、少し疲れていると思います。ゆっくり休ませてあげてください。

2週間で子犬の体重は2倍以上に成長します。

ここで、トイプードル断尾についてお話したいと思います。

トイプードルの断尾は、病院でしてくれます。料金は3000円前後でしょう。
生まれたときは長い尻尾ですが、カットするのが一般的です。

子犬は泣いて痛がるので、母犬は連れて行かないでくださいね。母犬は心配します。

トイプードルの赤ちゃんの成長が3週目に入ると目が開き始めます。
生まれたころは目だけでなく、耳も閉じています。無理に開くことをせずに、自然にそっと見守りましょう。

もしも、トイプードルの目から、目やにが出ていたりした場合は獣医さんに見てもらってください。
抗生物質入りの目薬を貰えると思います。
不安なことがあったら獣医さんに見てもらうことが1番安心ですね。

目が開くと、歩くようになります。歯のない口で噛みあうようになり、兄弟の存在を確認したります。

母犬は子犬が歩けるようになると、立っておっぱいを飲ませるようになるでしょう。

トイプードルの赤ちゃんの成長が1ヶ月〜2ヶ月になると、離乳食を始める時期に入ります。

離乳食を始める前に、子犬の歯の生え具合確認してください。
歯が生えたら噛める合図なので、食事開始となります。

あまり早い離乳はお勧めできません。トイプードルの成長のためにも、早くに離乳させないほうが良いでしょう。

トイプードルの離乳時期は、自然に任せても問題はありません。

子犬の成長にもよりますが、生後50日にはドライフードが食べられるようになりますよ。

トイプードル出産

トイプードルの出産と交配

トイプードルの出産と交配についてお話したいと思います。

初めての交配は年齢が1才以上で、発情の2回目以降が理想とされます。
ただ交配させるのではなく、生まれた子の貰い手も生まれる前から、きちんとしておいたほうがいいでしょう。

万一の場合も考え、生まれてきたトイプードルのすべての子犬を、自分で飼っても良いと思う気持ちで望んでください。
自宅で飼っているトイプードルがメスの場合は、交配相手の男の子探しからはじまります。
ペットショップなどに相談してくださいね。

交配の前にしなければいけないことは、まずシャンプーです。次にノミやダニ予防、そしてフィラリアの検査をします。
陰性かどうか確認してください。他にお腹の虫の駆虫と、スメア検査をしなければなりません。

次回ワクチンが出産予定日前後の場合は、早めに済ませてください。

ワンちゃんは交配から58日〜64日目前後赤ちゃんを産みます。

出産はスムーズとは限らず、難産になることがあります。
獣医さんに連絡をとっておくようにしてください。
トイプードルは比較的お産が楽だと言われていますが、命にかかわることなので、慎重に万全の体制で望んで欲しいと思います。

トイプードルの赤ちゃんが出てきたら、母犬は子犬を包んでいる羊膜を舐めます。
その行動をしない場合は、人間が手でちぎって顔を出してあげます。迷っている時間はないので、しっかり行ってください。
不安なときは獣医さんがそばに居てくれると安心ですね。

呼吸をしない子がいたら、子犬の口や鼻の中にある羊水を何回か吸いあげます。
汚いなどと言っている時間はありません実際立ち会うと本当に涙がこみ上げるほど、真剣なのです。

それでも呼吸をしない子犬は、両手ではさんで、遠心力で吐き出させるようにします。
このやり方は事前に獣医さんに教わってください。頭を固定しなければならないので、きちんと聞くようにしましょう。

弱々しく少しだけ口で呼吸をしている子犬は非常に危険です。鼻で呼吸が出来るまで背中をこすり続けないと死んでしまう事があります。

飼っているトイプードルの子供が欲しいという軽い気持ちだけで、お産をさせることは危険なことがたくさんあります。
しっかりとお産について調べたり、勉強したりして、万全の体制で、お産に立ち会って欲しいと思います。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。