トイプードル

トイプードル病気

トイプードルの病気の症状

トイプードルの病気の症状についてお話したいと思います。
トイプードルに限らず、人間と同じように犬も病気をします。
異変に気がついたら、すぐに獣医さんに見てもらうようにしてください。

トイプードルの目に、目ヤニが多かったりしていませんか?
涙がたくさんあふれたりしていませんか? 症状から考えられる病気は結膜炎、角膜炎、白内障などです。

耳が垂れている犬種で注意しなければならない病気は、外耳炎、中耳炎、耳かいせん、内耳炎などです。

トイプードルが鼻水を出していませんか?犬の鼻の状態は濡れていますか?
鼻の病気で考えられるのは、鼻炎、ジステンパー、ケンネルコフなどです。

トイプードルの歯に歯石がたまったりすると、口内炎、歯肉炎、乳歯遺残などの原因になります。

体がかゆがったり、フケが多くなったりしていませんか?抜け毛が多いなどの症状は普通ではありません。
ミアレルギー性皮膚炎、犬かいせんなどが考えられます。

お尻を地面にこすりつけたり、お尻がにおったりしたら肛門周囲炎、子宮蓄膿症、寄生虫などが考えられます。

子犬の時に多い症状ですが、大人になっても病気にはかかります。
かわいいトイプードルの健康を守るためにも、異変に気がついたら、早めに獣医さんに見てもらい、病気を治して欲しいと思います。

犬は私達のように言葉を話すことができません。
犬が苦しいときは何かのサインをだしていると思うので、早めに気がついてあげてください。普段からよく観察することが大切なのではないでしょうか。


トイプードル病気

トイプードルの老化

トイプードルの老化についてお話したいと思います。
どんな生き物でも生きている限り、私たちと同じように老化現象があります。

老化は病気ではないことを理解していただきたいと思います。7歳くらいになると大体老化が始まると言われています。
トイプードルが今元気に走り回っているのであれば、その姿からは想像しにくいかもしれませんね。

そもそも老化とは、年齢と共に運動能力が落ちたり、消化器官が衰えたりすることを言います。
疲労回復が遅くなり、食事の量も徐々に減ります。寝ていることが多くなったら、老化の始まりと思ってください。

体内では、免疫力が落ち、がんや糖尿病、肥満症などの生活習慣病にもかかりやすくなります。

■肥満気味になる
■散歩中の動きが鈍くなってきた
■いつも寝ている
■運動を嫌がるよ
■目が白っぽくなる

トイプードルの様子を見て、老化なのか、病気なのか判断しないといけません。解らないことがあったら自分で判断せずに獣医さんにみてもらってください。最近では、犬の平均寿命も伸びていますが、健康な状態で長生きさせるためには、ストレスをかけないことが大切です。
生活環境の改善、温度変化の調節などにも気をくばってあげてください。


老化と勝手な判断をして、背骨に異常があって、動くのをいやがっていた子もいます。
ヘルニアなどになると、歩けなくなることもあり、頬って置いても病気は治りません。しこりがあったワンちゃんも、老化現象と思っていたら、腫瘍であることがわかったケースもあります。

犬は話が出来ないので、飼い主がしっかりと守ってあげてください。
かけがえのない命なのですから。

トイプードル病気

トイプードルの狂犬病予防注射とワクチン

トイプードルの狂犬病予防注射とワクチンについてお話したいと思います。
(トイプードルに限らず、ワンちゃんが受けなければならない予防です)

トイプードルを飼うにあたり、必ず行わなくてはならない義務が定められていることをご存知ですか?

年に1度、狂犬病予防注射は必ず接種しなければなりません。
日本での発病は昭和32年以降、確認されていませんが、狂犬病恐ろしい病気です。
人間に感染し、発病すると確実に死亡します。

海外では狂犬病今でもあるので、犬を輸入している場合は気をつけなければなりません。
このように怖い病気を予防するために、飼い犬が狂犬病予防注射を接種することが義務づけられているのです。

狂犬病予防注射の効力は約1年なので、トイプードルを飼ってから毎年狂犬病予防注射を受けなければなりません。
畜犬登録をしておくと、毎年4月ごろに1回保健所からの案内のハガキが届きます。

解らないことは保健所に聞いてみるといいでしょう。

そしてワクチンですが、このワクチンは特定の病原菌に対する免疫をつくるために注射をしなければなりません。
人間と同じようにワンちゃんの体内も同じです。

病気から体を守るものがワクチンと覚えておきましょう。

トイプードルを購入した場合、ブリーダーさんのところで1回目のワクチン接種を済ませます。
次に生後90日くらいに2回目を接種します。生後120日くらいで、3回目接種してあげるのが望ましいでしょう。

このワクチン接種は、その病気に感染しても発症を防ぐことが出来ます。発症した場合でも、軽症で済むので忘れずに行ってください。

ワクチン接種で防げる病気は、命を落とす危険性のある病気ばかりなので、簡単に考えずにしっかりとワンちゃんの命を守って欲しいと思います。

■ワクチンで予防できる病気

■狂犬病
■犬パルボウィルス感染症
■犬ジステンパーウィルス感染症
■犬伝染性肝炎
■犬パラインフルエンザウィルス感染症
■犬レプトスピラ病黄疸出血型
■犬コロナウィルス感染症
■犬レプストピラ病ヘブドマディス型
■犬アデノウィルス2型感染症
■犬レプトスピラ病カニコーラ型

トイプードル病気

トイプードルの事故や病気

トイプードルの事故や病気についてお話したいと思います。

トイプードルが1歳になるまでかかり易い病気では、初め環境の変化から、腸内細菌のバランスを崩した下痢が多いようです。
この時期にキャンピロバクターと言うらせん菌の1種が増える場合があるそうなので気をつけてください。
抗生物質で治すことができます。2〜3日あれば大丈夫でしょう。

子犬の時の誤飲誤食にも注意しなければなりません。
床に落ちていた紐やぼたんを飲み込んだり、靴下などを噛んで飲んだりしてしまうこともあります。
パソコンや電話のコードにも気をつけてください。

無事に出てしまえば問題はありませんが、体の中に傷がつくなど、1つ間違うと開腹手術になります。
バナナの皮などをまるごと飲みこんで具合が歩くなった話なども耳にします。
子犬の手の届くところから危ないものは排除するようにしてください。

事故では骨折が多く高いところからのジャンプはさせないで下さい。

トイプードルの具合が悪くなったとき、獣医さんにお願いすると思いますが、お医者さん選びも重要です。
飼い主の話をよく聞いてくれる獣医さんを選びましょう。
きちんとした病院は、病気の原因や処置を分かりやすく説明してくれます。
治療費の内訳も教えてくれるので、解らないことはなんでも聞くようにしましょう。

24時間対応してくれる病院などもあるので調べてみてくださいね。
友達でトイプードルを飼っている人が居れば、その友達に相談してみるのもいいでしょう。
いろいろな経験をしていると思うので、1番参考になるのではないかと思います。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。